スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネバフ!!!
こんにちは。
今日は韻シストが定期的に開催しているイベント、Neighbor Food、通称ネバフについて書いてみたいと思います。

もうご存知の方も沢山いらっしゃってありがたい限りなのですが、今一度説明致しますと、
このイベントはワイワイと、近所のお友達の誕生日会行った様なノリで、ブロックパーティー的に美味しいものを食べながら音楽聴いたり、会場で友達としゃべったりと、PEACEな空間を楽しもうじゃないかという趣きでして、
ご近所さんの意味のNeighborhoodと、食べ物のFoodを組み合わせた造語となっております。
韻シストの皆さん、一生スペル間違えてはりますやん的な意見も若干感じているのですが、間違えてないんです。造語なんです。Neighbor Foodでええんです。

振り返りますと、大阪ではわたくしが韻シストに加入したのが2006年、
それよりはるか以前からネバフは開催されてまして、2003年くらいからやってるんかな?
当時僕は21歳くらいの若者だったころよくパーリーナイトしに行ったことを覚えております。
僕が入るちょっと前から、ネバフはお休みしてて2008年に一回だけやったんやったかな?何かそんな感じで、去年やっておりました、いや一昨年かな、
毎回その時だけのCDが付いてくるという太っ腹イベントのtake a breakをはじめ、他のイベントに参戦やらなんやかんやで中々再開出来ずにいたのですが、今年からネバフ再スタートしたわけです。
再スタートにあたってのコンセプトは、
「このアーティストかっこええ、共演したい」と思うアーティストをお招きし、我々韻シストBANDの演奏でライブして頂く、というショーケースと韻シストがいつにも増したパーティ感マックスなライブをすると言うことです。

その構成を大阪だけではなく、東京でも見ていただきたいっすと言うことで、2014年の再スタートのタイミングで東京編、大阪編ということで再スタートしました。
ちなみに東京は偶数月の第三土曜、
大阪は偶数月の第四金曜、というルーティンになっております。

出演者に話を戻しますと、
そのゲストアーティストの他に、
タイミングタイミングで今回参戦したいぜとありがたいコーリングして頂けるアーティストにもゲストショーケース的に出演して頂くという感じでパーリーが成り立っております。
そして、もちろんパーリーにかかせないのが何と言ってもDJでしょう。
東京はDJ FENCER、大阪はDJ SOUL ONEという布陣であります。

偶数月、2、4、6、8、とやって参りまして先週10月の東京編が終了しましたが、もうどうしたらええんすかって言うくらい楽しかったものです。

今回のゲストは、ヒューマンビートボックスのAFRAくん。
この日本にヒューマンビートボックスというものを浸透させたのは誰が何と言おうと、間違いなくこの人でしょう。
アメリカから帰国した直後からすぐにその圧倒的なパフォーマンスが話題を呼びました。クラブカルチャーな所だけでなく、CMやテレビ番組などでお茶の間にまで広く知れ渡ったので、すごいぜと思ったものです。
なかでも当時、笑っていいとものテレホンショッキングに出てはったことは印象に残っております。
FUJI XEROXのCMもすごく印象的でした。
当時のそのCMはコチラっす。


先週の東京編では我々韻シストBANDの演奏と絡みグルーヴを作って行ったのですが、ライブ感がすごくあって、次どうなんねやろーと僕らも思いながら曲を進めて行ったのはスリリングで楽しかったです。
そんなAFRA君、これがまたRAPがかっこええんす。
非常に美しいことだと思うのですが、AFRA君の帰国、メディアへの登場で彼をお手本に、研究対象にし、
超絶スキルを身につける若者が多く登場して来ている今日この頃ですが、
僕はいつもAFRA君に感じるのはB-Boy IQの高さです。
Hip Hopカルチャーへの愛が完全に、言葉や音に詰まっているのです。
わたくしはいつもこのカルチャーへの愛が詰まったプレイにハートを打ち抜かれているのです。
そんな彼のプレイを是非とも見て頂きたいです。

そして、大阪場所は、
先述した、

彼をお手本に、研究対象にし、超絶スキルを身につける若者が多く登場して来ている今日この頃、

な代表格、Ryo Fujimotoが参戦してくれます!
彼が直接的にAFRA君に影響を受けたのかどうかはその事について話したことがないのでわかりかねますが、
ヒューマンビートボックスというものが浸透して以降、HipHopカルチャーだったヒューマンビートボックスをさらに音楽性、芸術性をネクストレベルに押し上げている世代の代表格だと思います。

彼は普段ベルリンで活動しているのですが、今回このタイミングで帰国しているので参戦してくれることになりました。
上手いこと使いますなぁ的な感じで、機材を操りまして
声だけでそんなことまで、そんな音色までやりますかというのは本当にびっくりです。
超絶スキルというのはどうしても、
サーカス的、大道芸的になりそうな所上手いこと音楽的に落とし込んでるのも毎度毎度びっくりです。

なんか、皆さん素晴らしいんです、見て欲しいんす、ってことが言いたかったのに、
謎のめっちゃイキッて解説してる感出てきてるんでこの辺にしときます。。イキるつもりはなかったんす。ほんまっす。

いやはや、文章ってむずいです。

今回は、先日のリリースパーティーも大盛況のキーボードのタケウチカズタケ兄さんも参戦して頂けるとの事で、いつにも増してさらにパーティーナイトになるであろう感じで嬉しいなと思っております。

長々と、文章力8級みたいな文章を最後まで読んで下さって本当に感謝です。
では金曜日、梅田シャングリラでお待ちしております!
一緒に楽しみましょう〜!
それでは失礼致します。
最後は謎のお手紙感が出ましたが、まぁいいでしょう。。

チケットのご予約は、
ticket@in-sist.com
まで!
スポンサーサイト
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/10/22 (水) 18:45:33 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 韻シストTAKUのBLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。