スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Chara×韻シスト『I don't know』その2
前回のあらすじ、

2014年 10月7日にリリースされる
Chara×韻シスト『I don't know』
タワレコさんからええ感じにコラボのお話頂き曲を制作!
こんなところがCharaさんのこんなところが素敵だぜ、
韻シストのMC二人の素敵さも負けてないぜ、という思いを綴った前回。
ミックスして頂いた美濃さん素晴らしいっす。というところから、、、

前回からの続き、、

あくまでわたくしの個人的な趣味といいますか、美学といいますか、意見ですが。。

やっばりヒップホップというものは大事なものにリリック、フロウ、coolなトラック、が大前提にありますが、音色音質というものが支配してる世界観がめちゃんこあると思うのです!
90年代わたくしたちの頭をいやでもヘッドバンギンさせたドキドキするドラムサウンド、
JazzやSoulのサンプリングによる暖かいウワモノ。
何ともいえないダーティ、スモーキーな質感。
あの何とも言えない我々をトリコにするムードを作り出しているのは音色&音質がかなりを占めている所もあると思うのです!
味がしない音楽から味がする音楽になるのです。
はい、あくまでも僕の意見す。
たくちゃんそれはノーノーボーイだぜって方もいらっしゃるであろうことはさておき、

今回のミックスはtoeのギタリスト、美濃さんにして頂いたのですが、
出来上がりを聴かせて頂いた時は、
「うぉー、Lowが気持ちー、コーラス気持ちうぃ〜、乗れるぜ、飲めるぜ」と思ったものです!
録音されていたプレイと音質から先述したようなわたくしたちの想いが伝わったのだと思いました!
アーティスト目線、ギタリスト目線でくみ取って頂いた部分も大きなポインツだと思います!
僕はミックスとかの過程が割と好きな部類なんで書き出したら、
おいおいどこ行くねん的なことになりそうなので機材とかミックスの話はまたの機会に書けたら良いなと思っております。

そんな我々の色々な想いが封じ込められた『I don't know』を少しでも沢山の方に聴いて頂きたいものです。
そして、もう聴きましたでという方はぜひともこの文面を読んだ後にほほう、そういう想いもあるのね的な感じで再び聴いて頂けたら嬉しいです。



ぜひぜひ拡げて頂けたら幸せです!!
このURLっす!!
http://youtu.be/DA4mIaQZKiU
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 韻シストTAKUのBLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。