スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西山満さん追悼ライブとジャッキーチェン
はやいものでもう3月も後半です。
猛スピードで2012が進んで行っております。

全然ブログをかけておりませんでしたが不意に
『かくぜ!』
と思ったから書いてみます!

いろいろ書きたい事ありますが、キリなくなる説が浮上するんでちょろっとにしときます。
今日はJAZZ界のレジェンド、西山満さんの追悼ライブに、
超リスペクツなトランペッター、MITCHさんのBANDの一員として参加させて頂いておりました!

nishiyamasan.jpg

色々なレジェンダリーな方がたくさん出ておられて本当にパワーを頂いた一日でした。
西山さんのパワーを改めて感じる事のできた貴重な一日でした。
ジャズジャイアンツの域に達してはる方々はもちろんのこと、すごい若い世代の方も本当にすばらしい演奏で刺激を頂きました。

中でも特にやっぱり西山さんとずっとタッグを組んでらっしゃった、
竹田一彦師匠http://www.h6.dion.ne.jp/~gt.kaz/z01home/01home.html

はパンチ効いてました。
本当に好きです。
タイムも、フレーズも、音色も、70代後半とは思えないB-BOYっぷり満開な姿勢も
何もかも好きです。永遠のあこがれです。

「あんな風におもいっっっっきりハートに突き刺すようなメロディアスきわまりない演奏が出来る上で、ファンキーなHIPHOPをバチコンかましたいっす!!」
と激しく思ったものです。

がんばりたいものです。

今日感じた事、書きたいことたくさんありますが支離滅裂になりそうなフレイバーたちこめてきたんでやめます。

西山さんが築き上げたシーン、マインドが改めて感じることが出来た一日でした。
本当にありがとうございました。

そしてほんましょーもな系のこと書いてしまいますが、
そのぐっと来たライブの後、
僕の心の師匠であるジャッキーチェンの伝記的な漫画がコンビニに置かれてるのが
目に飛び込んで来ました。
jaccy.jpg


立ち読みでは気持ちが押さえきれず購入にいたりました。
その内容はと申しますと、、、
後のサモ・ハン・キンポーことユエン・ロンとの子供時代、
武術指導のユエンウーピンとの出会い、
ジャッキーの気合いの違い、などなど
ジャッキーのことは詳しいぜと思っている僕も「ほほう、そうだったのか」
ということもいろいろあり、
ジャッキーファンにはたまらない内容でした。


西山さんの追悼ライブ、久々に見れた竹田一彦師匠の演奏、ジャッキーチェンという
僕のバックボーンを再確認した一日でした。


明日は天才ギタリスト山岸竜之介のレコーディングと韻シストBANDのレコーディングという2本立てとなっておりまして、「バックボーン確認後にふさわしい1日だ」と思っております。

またしょーもな系のみの記事も書いて行きたいものです。


















スポンサーサイト
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/03/21 (水) 04:50:54 | | #[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/22 (木) 20:32:42 | | #[ 編集 ]
Re: はじめまして
> 西山満さん追悼コンサートで拝見して、もう一度ステージを見たいと思って検索しているとこちらに辿り着きました。そこへ竹田一彦さんとジャッキーチェン…シンパシーを感じ過ぎて思わずコメントしてしまいました。竹田一彦さんホントにステキな方ですよね!ジャッキーの京劇修行時代のお話も激しく感動した記憶が…なのでとっても楽しく記事を読ませていただきました♪
2013/02/09 (土) 00:30:10 | URL | taku a.k.a K-CITY PRINCE #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 韻シストTAKUのBLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。