天才ギター少年と、MC BASIという男
調子にのってめちゃんこ久しぶりに2日連続でブログを書いてみる事に致します!

今日はまずは天才ギター少年、山岸竜之介君と一緒にレコーディングでした!
Dsは韻シストのTAROW-ONE、
Bassはみんなのヒーロー、浜さん、
で僕と竜ちゃんという編成で録音を進めて行きました。
ryuuchan.jpg

竜ちゃんは今日もすばらしいギタープレイ、歌声、アイデアをたくさん披露してくれて本当に刺激を頂きました。
竜ちゃんは、いろんなギターの歌い回しみたいなんをいっぱい知ってて、
特にチョーキングの歌わせる手段は冗談抜きで僕の12倍くらい知っていると思います!
今日も一つ新たなやつを教えてもらって、ぼくは上機嫌になったものです。

いつもお互いの楽器や機材を交換したりして「これはここがええな」とか話せるのでめっちゃ楽しいです。

そんな彼の誕生日パーリーイベントが
5月12日に北堀江のknaveにて行われます。
韻シストBANDとして出演のほか、竜ちゃんともいっぱい演奏するということを企んでおりますのでぜひぜひ遊びにいらしてください!
また詳しい情報は告知させて頂きます!!

そんなこんなで竜ちゃんとの録音が終わったあとは韻シストBANDの録音でした!!
dsのTAROW-ONE兄さんは昨日の晩から具合が悪かったらしくだいぶグロッキーでした。

そんな彼はちょっと時間があると
このPVを見ていました、
何回も何回も見ていました。

そう!!我々、漢字の韻にカタカナのシストのフロントメーン MC BASIのシングル「未来」であります!!


僕らが言うのも何なのですが、この曲ほんまかっこええす!!
HOOKをはじめ全体的なバランス感とかめさくさええっす!!
PVもめさくさかっこええす!!
ジャンボとジン君もめさくさかっこええす!!

これはええっす!
自分のBANDメンバーにがっちりROCKされて刺激を頂くのはほんま爽快な気分であります!!

それにしても今日のTAROW君、何回も見て
「かっこよすぎる」
を連呼しておりました。完全におぎやはぎスタイルを確立してました。

そしてなぜかこの「未来」と交互に見ていたのがこれ、
Biz Markie - Just A Friend



これを見た後も
「かっこよすぎる」
と連呼して
「この2曲あればいける」
と何度も熱あんねやろな感満開の顔で言うてはりました。
しかーし久々に効いたBIZは確かに「未来」と180度違うかっこよさを満開にしてました。

そんな楽しげな1日でした。








スポンサーサイト
西山満さん追悼ライブとジャッキーチェン
はやいものでもう3月も後半です。
猛スピードで2012が進んで行っております。

全然ブログをかけておりませんでしたが不意に
『かくぜ!』
と思ったから書いてみます!

いろいろ書きたい事ありますが、キリなくなる説が浮上するんでちょろっとにしときます。
今日はJAZZ界のレジェンド、西山満さんの追悼ライブに、
超リスペクツなトランペッター、MITCHさんのBANDの一員として参加させて頂いておりました!

nishiyamasan.jpg

色々なレジェンダリーな方がたくさん出ておられて本当にパワーを頂いた一日でした。
西山さんのパワーを改めて感じる事のできた貴重な一日でした。
ジャズジャイアンツの域に達してはる方々はもちろんのこと、すごい若い世代の方も本当にすばらしい演奏で刺激を頂きました。

中でも特にやっぱり西山さんとずっとタッグを組んでらっしゃった、
竹田一彦師匠http://www.h6.dion.ne.jp/~gt.kaz/z01home/01home.html

はパンチ効いてました。
本当に好きです。
タイムも、フレーズも、音色も、70代後半とは思えないB-BOYっぷり満開な姿勢も
何もかも好きです。永遠のあこがれです。

「あんな風におもいっっっっきりハートに突き刺すようなメロディアスきわまりない演奏が出来る上で、ファンキーなHIPHOPをバチコンかましたいっす!!」
と激しく思ったものです。

がんばりたいものです。

今日感じた事、書きたいことたくさんありますが支離滅裂になりそうなフレイバーたちこめてきたんでやめます。

西山さんが築き上げたシーン、マインドが改めて感じることが出来た一日でした。
本当にありがとうございました。

そしてほんましょーもな系のこと書いてしまいますが、
そのぐっと来たライブの後、
僕の心の師匠であるジャッキーチェンの伝記的な漫画がコンビニに置かれてるのが
目に飛び込んで来ました。
jaccy.jpg


立ち読みでは気持ちが押さえきれず購入にいたりました。
その内容はと申しますと、、、
後のサモ・ハン・キンポーことユエン・ロンとの子供時代、
武術指導のユエンウーピンとの出会い、
ジャッキーの気合いの違い、などなど
ジャッキーのことは詳しいぜと思っている僕も「ほほう、そうだったのか」
ということもいろいろあり、
ジャッキーファンにはたまらない内容でした。


西山さんの追悼ライブ、久々に見れた竹田一彦師匠の演奏、ジャッキーチェンという
僕のバックボーンを再確認した一日でした。


明日は天才ギタリスト山岸竜之介のレコーディングと韻シストBANDのレコーディングという2本立てとなっておりまして、「バックボーン確認後にふさわしい1日だ」と思っております。

またしょーもな系のみの記事も書いて行きたいものです。


















copyright © 2017 韻シストTAKUのBLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.